前向きに生きるための中古車査定
ホーム > > 縮毛矯正とストレートパーマの違い

縮毛矯正とストレートパーマの違い

くせ毛を何とかしたいと考えている人は、一度は考えたことがあると思います。縮毛矯正とストレートパーマ。どっちも髪をまっすぐにするなら、同じなのでは?と思っている人は、少なくないと思います。しかし、この二つは似ているようでまったく違います!では、縮毛矯正とストレートパーマのそれぞれの特徴と違いについて、また、自分の髪にはどちらの方法を使うのが正しいのかを調べたいと思います。これで、あなたのなりたい髪に一歩近づけます! ストレートパーマについて まず、どんな人がストレートパーマをかけるのでしょうか。ストレートパーマは、その呼び方からストレートにすると思われがちですが、そうではなく、元々ストレートの人がパーマをかけた後、ストレートに戻したいなと思った時に使用するのが、ストレートパーマです。くせ毛を活かしたアレンジをしたい人や、天然のくせ毛だけどそんなに強くない人には、ストレートパーマで十分だと思います。縮毛矯正と違い、比較的安くできるので、ヘアアレンジをしたい人にも向いています。 縮毛矯正について 縮毛矯正は、名前の通りくせ毛を矯正するものです。縮毛矯正した部分は、半永久的にストレートのままです。縮毛矯正後に髪が伸びてきた部分はくせ毛なので、ある程度伸びてくせ毛が気になりだしたら、縮毛矯正をかける人が多いそうです。元々くせ毛の人がストレートになりたいと思ったら、縮毛矯正を受けることをおすすめします。ストレートにする力が強いので、通常どんなくせ毛でもストレートにすることができます。しかし、その分値段が高いので、頻繁に使うよりも期間をあけて使うことをおすすめします。 ストレートパーマと縮毛矯正 どちらも、ヘアスタイルを変えるという意味では同じなので、髪や頭皮にダメージを受けることは避けられません。両方とも薬剤を使うので、髪にダメージが残ってしまいがちです。髪のケアは、しっかりと行いましょう。トリートメントを行うことはもちろん、シャンプー後の髪は早めに乾かし、髪のキューティクルをいたわりましょう。縮毛矯正は、とくに髪が傷みやすくなるので、行う前はできるだけ髪の傷んでいない状態で行うことが大切です。 MINGLEミングル横浜店